サイトのイメージ画像

優しい風

静かに色づいていく町並みを
こうして何も言わずに眺めている

壊れそうな思いが
そっと涙に変わるときには
僕のそばにいればいい

その右の手には優しさを
この僕の手から温もりを
吹き荒れる風をうけて
あなたをそっと守るんだ

この恋路の果てで
僕の魂が消えてなくなっても
照らし続けるよ ずっと

その右の手には優しさを
この僕の手から温もりを
今だけはまだこうして
あなたのそばで生きていたい

守っていたい

Words, music and arrangement by Mikko.
Copyright (C) 2003 Mikko.

楽曲解説

久しぶりの更新^^

この曲は男性の立場から書いていますが、私の願望も少しあって、

「こんなふうに想われたい」
「守ってもらいたい」

的な思いを込めています。

友人の結婚式の時に作った曲なので、それなりにウエディングに合う曲調にしましたが、はっきりいって自己満足全開です(笑)。

まあ作詞作曲自体が自己満足の世界ですけど…。

優しい風イメージ画像

「その右の手」を差し出しているのは私で、相手は左手で私と手を繋いでいる状態。このサビの部分は、車の中で思いついたのでこうなりました。
う~ん、、我ながら発想のきっかけが陳腐だw

ただ、結婚式という神聖なシチュエーションで発表させていただいたおかげもあって、評判はなかなか良かったです。まあ悪評するような空気じゃなかったですけど。
「こんな風に言われたいよね」なんて共感してくれた友人も何人かいました。どんなに強い女性でも、やはり男性に守られたいものですよ~。

さてさて、そんなこんなで少しばかりご挨拶とご報告が。

2009年がスタートしましたが、去年は多くの人にアクセスしていただいたようで、とても感謝しておりまするm(_ _)m
あまりお役にたてる情報があるサイトではないかもしれませんが、今年もできるだけ更新できるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。

あと、Mikkoの作詞集はこれで一時終了しようと思います

まだご紹介したい作品が多くありますが、ちょっと時間をとるのが困難になってきたことと、当サイトはボイストレーニング方法をご紹介するサイトなので、作詞は当サイトの趣旨から外れるかなと思います。

機会があれば別のコンテンツでご紹介させて下さいね。

では今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いします!

ピアノ画像

このページの先頭へ