サイトのイメージ画像

STAY

暗い闇夜の果てに浮かぶ遠き月よ 今
笑っているの それとも泣いているの
潤せるならこの体さえ すべて貴方へ
あげるよ あげるよ ねえ

ムサボリ喰ッテ シャブリツクシテ
快楽ヲ見テ 気ノスムマデ
イケルナライッテ 奥ノ奥ヘト
不能ニナルマデ感ジサセテ

微かに残る痛みのように
住み着くがいい 巣食うがいい
消えぬように そっと

貴方がいない 私がいない
誰もいない in the dark
愛し愛された関係なら救い出して
繋ぎとめる STAY

私の中に残る傷を全て笑い飛ばし
それでもやっぱり貴方が居ないなら STAY
ユラユラユルルラ ユラユラ
貴方へのSTAY
「救い出して!」

貴方がいないこんな目で
何を見て過ごせばいいの
いつからか どこからか
満たされない こんな場所で
月とともに こうして
詩を描き続けている

Words, music and arrangement by Mikko.
Copyright (C) 2003 Mikko.

楽曲解説

『STAY』は、私の作詞した楽曲の中でベスト5に入るほど大好きな曲です。

曲全体にサビ的な盛り上がりは無く、あえて一定のトーンで曲が進行するように書きました。
高揚感がない代わりに、詩の方にインパクトを強く持ってきています。

さすがに後半はそれなりに盛り上げるんですが、一般的な、「Aメロ→Bメロ→サビ」の流れではありません。ともすれば、単調でぎこちないイメージですが、節ごとのメロディがすべて独立しているので、何度聴いても飽きないように仕上げました。(*^^*)

全体的に最後までクラシックなトーンです。

stayイメージ画像

大河ドラマのオープニングで使えそうな雰囲気かも!!…って言いすぎました(笑)。
でも和太鼓とかの日本の楽器も使っているのでそれっぽいんですよね。実際の音源は音楽ソフトで作ったものですが…。

作詞の内容のほうも、
「月→大切な人」
と、私の大好きな比喩で表現してみました。
「青空→笑顔」
のラインも好きです。

それにしても、別れの歌とか孤独な歌とか好きなんですよねぇ、こうしてみると…。

我ながらこの暗さには呆れますw

ピアノ画像

このページの先頭へ