サイトのイメージ画像

翡翠 ~Mermaid Eyes~

貴方への想いだけが
この姿へと変えてしまうの
そうね 闇を泳ぐ人魚のようで
飾り上げられた愛と
上塗りされていく嘘を知った
私をそっと嵐が包む

痛んだ足先は赤く赤く滲んで
捨て去った声では もう届きはしないのに

そして夢のように泡のように
音もなく消えていくだけ
残された記憶でさえ
さあ奪いなさい
揺れ動いて 怯えないで
優しく殺めてあげるよ
喘ぎ狂う悦楽の背に
傷跡を 憎しみを

貴方のいない世界へ
戻れるようにリセットしたなら
きっと 私に生まれ変わるかなぁ
なんて 不自然なほど繰り返される言葉を
虚勢と知っていながら拭えずにいるよ

壊れた胸の奥 流れ流れ落ちていく
夜空に還る日を待ち焦がれてしまう

そして夢のように泡のように
音もなく消えていくだけ
残された記憶でさえ
さあ抉りなさい
マワサナイデ サワラナイデ
裏切りにも似たその手で
もう違う誰かの体に委ねればいい
憂いながら

この場所で貴方を彩る
そんなものすべてを
灰になるまで燃やし続けるから
祈りなさい
犯した罪さえ洗い流せるように
貴方への一輪の花を捧げましょう

アリガトウ
終る運命なら綺麗でなくていい
傷つけて 振り返りもしない強さで
nanana..

Words, music and arrangement by Mikko.
Copyright (C) 2003 Mikko.

楽曲解説

この曲はかなり前に作った曲で、ちょうどR&Bが流行していた時期に書きました。

最初は「悲しみバラード」的な曲調だったけど、あまりにも暗いのでウケなくて(笑)。
それでちょっとリズミカルな曲に変更したんです。テンポも16ビートにして。

Bメロのベースがかなり気に入ってます♪我ながらなかなかいい曲だと思います。かなりドロドロした詩ですけどネ。

翡翠イメージ画像

やっぱこの頃もCoccoを意識してたんでしょうね(笑)。私の音楽性って、彼女に影響された部分が結構あるんです。

元々は姪っ子と、ディズニーの人魚姫(リトル・マーメイド)を観ていて、あの悲しいストーリーに共感を覚えたのがきっかけです。ダメです、私に悲しいストーリーを見せてはダメなんです!

それから、実際に人魚姫の文献なんかを調べて書き上げたのを覚えています。文献といってもフィクションだから、ほとんどがベースの人魚姫に手を加えたようなものばかりでしたが。

報われない恋ですか…好きだなぁ私。

そういえば昔、「恋は報われると綺麗じゃなくなる」なんて、強がってた時期がありました。

バカだったわw

まあ今さら自分の馬鹿を悔やんでも仕方ないので、話を戻します。

人魚姫って、王子様を好きになって、人間になりたくて、魔女に自分の声と引き換えに人間の足を手に入れたんです。
そこまでして手に入れたい恋なんて、なんかカッコイイじゃないですか。

ただ、現実の世界ではどうなのかな?って考えた時に、「いや無いなぁ」と感じたんです(笑)。少し切ないですけどね。

皆さんはどうですか?

ピアノ画像

このページの先頭へ